共に時を重ねる

古代には神器となり、中世には鐘や釜となり、現代では日々を彩る道具となって常に人の暮らしに寄り添い溶け込んできた鋳物。
土で作った鋳型の中に、炎で溶かした鉱物を流し込むと新しいかたちと役割を持った鋳物が誕生します。
鉱物、土、炎という神からの預かりものから生まれる鋳物は、大地の力を宿し、自然の環の一部として人の営みの傍で共に時を重ねます。
人それぞれに積み重ねられてゆく日々の傍らで、小さなあかりとなれますよう、一つ一つの鋳物に想いを込めて制作をしています。

工房の沿革

約600年前:当時の新潟県柏崎市で鋳物業を開始。
江戸時代:由緒正しき鋳物師として朝廷より許状を受け釣り鐘や塩釜を制作。
江戸末期:原 得斎より技術を継承し蝋型鋳造法で美術工芸品を主力商品に据える。

1978年:伝統的蝋型鋳造法の技術が新潟県無形文化財の認定を受ける。
1981年:皇太子殿下への献上品制作。
2010~12年:新潟県グローバルブランド『百年物語』参加。
2015年:日本伝統工芸新潟県伝統工芸展最高賞受賞、以降入線。
2016年:日本伝統工芸金工展受賞。日本伝統工芸東日本支部展入選。
2016~18年:経済産業省 関東経済産業局とシンガポールデザイン庁との国交50周年事業『KYO project』参画。
2017年:当代が五代晴雲を襲名する。
2018年:JR東日本おみやげグランプリ銀賞受賞。
2019年:日本伝統工芸新潟県伝統工芸展受賞。
2020年:日本伝統工芸東日本支部展入選。

PAGE TOP